歯周病の恐ろしさ

歯が痛い男性

歯周病は実は虫歯よりも恐ろしいと言われています。というのも歯を失う原因は虫歯よりも歯周病が原因である場合が多いからです。

 

また口の健康は体の健康にも直結しているため、歯周病を予防すること=身体の健康維持、にもつながるのです。

 

今回は是非とも知って頂きたい、歯周病の恐ろしさについてまとめてみました。

いま、成人の8割以上が歯周病?

歯周病って?

「歯周病」と聞いても、殆どの人は口内のどこが悪いのかがピンと来ないのではないでしょうか。

 

歯周病は、歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨で構成される歯周組織が、口内の細菌感染によって破壊される慢性炎症性疾患であり、歯を失う最も大きな原因となっています。

他人事じゃない!?

厚生労働省の調査によると、成人(30〜64歳)の約8割が歯周病に罹っている上、成人だけではなく若年者も多く罹患していることがわかりました。
さらには、小・中学校の学校歯科健診において、歯周病と判定される子供たちが増えているという報告もあります。

 

もはや、歯周病は他人事ではなく、私たち日本人の“国民病”とまで言われているのです。

歯周病で歯が抜ける?

歯周病の進行って?

虫歯は虫歯菌、歯周病は歯周病菌がそれぞれの原因となっており、キスや口移しなど何らかの形で保菌者から菌をうつされることによって歯周病になると考えられています。

 

歯周病になると、歯周病菌が出す毒素によって歯を支える骨が溶けてしまいます。最初の症状は歯茎の腫れですが、やがて歯茎が下がる、さらにそのまま放っておくと歯を支える骨がなくなって最終的には歯が抜け落ちる事態になってしまうのです。

歯周病の自覚症状って?

歯周病の恐ろしいところは、最初は自覚症状がなく、血が出てきたとか歯がぐらつくようになったという自覚症状が出る頃にはすでに歯周病が進行してしまっているところです。

 

中には、何となく歯茎が腫れているな、歯がちょっと長くなったかも?と気づく人も少しはいますが、歯周病菌が痛みを麻痺させる毒素を排出しているため痛みなどを感じることは少ないのです。

歯周病はメタボにも関係ある?

そもそもメタボとは?

メタボリックシンドロームといい、腸のまわり、または腹腔内にたまる内臓脂肪の蓄積によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が重なっている状態のことを言います。

糖尿病と歯周病の密接な関係

メタボと歯周病に何の関係があるの?と思われる方も多いと思いますが、実は歯周病とメタボの間には密接な関係があります!

 

特に関係があるのがメタボの診断基準の一つである糖尿病です。

 

糖尿病になると唾液の分泌量が減って歯周病菌が増えやすくなったり、免疫機能や組織修復力が低下するため歯周病がより発症・進行しやすくなったりします。
逆に歯周病が進んでしまうと、TNF−αという脂肪から産生されるたんぱくの一種が増加して、血糖値を下げる役割のあるインスリンの働きを妨げてしまうのです。
糖尿病患者が歯周病の治療を行うことによって、TNF−αの濃度が減少し、血糖値の改善が認められたことが報告されています。

歯周病の度合いをチェック

歯周病の進行度合い

健康な状態…歯と歯茎の間に1〜2mm程度の隙間があります。
歯肉炎…歯垢(プラーク)が溜まった状態を放置すると、歯茎に炎症が起き2〜3mmの隙間ができます。
歯周炎(軽度)歯茎の炎症がひどくなって歯周病菌が歯周組織に侵入して破壊し始めます。このときの歯と歯茎の隙間は3〜5mmです。
歯周炎(中度)…炎症がさらに拡大し、歯がぐらつきはじめます。歯と歯茎の隙間は4〜7mmです。
*歯周炎(重度)…歯周組織の半分以上が破壊され、歯がぐらぐらになります。

歯周病の予防

歯周病を予防するために必要なこと、それはプラークコントロールです。プラークコントロールとは、歯垢(プラーク)を調節、管理すること。つまり歯周病の原因であるプラークの増殖を抑えて歯周病を予防するということです。

 

プラークコントロールには丁寧な歯磨きが欠かせませんが、歯周ポケットに入り込んだ歯垢は歯医者さんで除去してもらう必要があります。
つまり毎日の丁寧な歯磨き+歯医者さんへの定期健診を怠らないことが、一番の歯周病予防になるのです。
管理人も、数年前までは、「歯が痛くなってから歯医者に行く」という事後的な治療ばかりしていました。
でも、予防歯科に力をいれてる歯医者さんに通いはじめてから、予防の大切さを、身にしみて実感しています。口の健康は、生活習慣が大きく関係しているのだとよくわかりました。
私は仙台在住なのですが、おすすめの仙台の歯科はこちらです。口の健康だけではなく、身体の健康全体を考えた治療をお考えの方にはオススメです。
歯周病予防のための歯磨きについて知りたい方はこちらの記事をお読み下さい。

まとめ

人生の楽しみの一つが食べること。その食べることが、歯を失うことで無くなってしまったら…そう思うと歯周病なんかで歯を失ってしまうなんてもったいないですよね。

 

いつまでも自分の歯でご飯を食べられる幸せに感謝しながら、自分の歯は自分で歯周病から守りましょう。