口腔ケアのおすすめグッズ

口腔ケアグッズ

口腔内を清潔に保つことはカラダの健康を保つことにもつながります。毎日のお手入れには歯ブラシを使ったケアが欠かせませんね。

 

でも歯ブラシ以外にも、それぞれの目的別に合った口腔ケアグッズはたくさんあります。

 

今回は口腔ケアのおすすめグッズをまとめてみましたので、お?と思うものがあれば是非試してみてくださいね!

口腔ケアスポンジ・スポンジブラシとは?

どんな道具なの?

スポンジブラシとは、先端がスポンジでできている、口腔内を清掃するための棒状のブラシです。

 

歯ブラシのようにプラークをはぎ取るのではなく、口内の汚れを傷つけずに汚れを優しく取り除くことができるのです。
スポンジの形状は、先細のものや、ギザギザのものなど数種類あります。また棒状ではなく、指にスポンジをそのままはめられるものもあります。
スポンジの硬さは様々あり、また柄の部分もプラスチックと紙軸があり、価格帯も様々です。

用意するもの/使い方

用意するものはコップなどの容器2個です。それぞれに水もしくはマウスウォッシュを入れておきます(一つは洗う用、一つは湿らせる用)。

 

1.スポンジブラシを湿らせる用に浸し、誤嚥を防ぐために水気を絞ります。
2.口内の汚れを優しく拭き取ります。
3.スポンジブラシが汚れたら、洗う用の液で汚れを落とします。
1〜3を繰り返します。
また使用したスポンジブラシは使い捨てするようにし、他の人との共有は絶対に避けましょう。

ウェットティッシュでお口をケア?

どんな道具なの?

口腔ケアウェットティッシュとは、口腔ケアのために作られたウェットティッシュです。ノンアルコールなので、口の中のケアをする際にも安心して使うことができます。

 

口腔ケアウェットティッシュに保湿成分が含まれているため、水を使用する必要がなく、誤嚥の危険性が高いお年寄りなどの粘膜のケアをする際にはうってつけです。

用意するもの/使い方

必ず医療用のグローブを用意するようにしましょう。

 

ウェットティッシュを一枚取り出し、人差し指に巻き付けます。片手でケアする方の頬を押さえながら、ウェットティッシュを巻き付けた指で口腔内の粘膜を優しくケアします。汚れたらウェットティッシュの使用していない面に付け替えて、優しく拭き取ります。

舌ブラシでベロをキレイに

どんな道具なの?

ここ最近舌ケアの重要さが認知されつつありますが、舌ブラシは舌に付着する汚れ(舌苔)を取り除くための舌専用のブラシです。

 

歯周病の人の口から多く検出される揮発性硫黄化合物は、強烈なニオイの原因ともなっていて、舌の上で最も作られているとされています。
ですから舌苔を取り除くことは口臭対策にもなりますし、細菌の繁殖を抑えるので歯周病対策にもなるのです。

歯ブラシじゃダメ?

歯ブラシと何が違うの?歯ブラシで代用できないの?と思われるかもしれませんが、舌の組織は非常に繊細なので、歯ブラシでは毛先が硬く、舌を傷つけてしまう恐れがあるので、舌ブラシを使用した方がよいのです。

使い方

舌ブラシを舌の奥に置き、優しく舌先に向かって撫でるように掻き出します。一度水道水でゆすいでから再び掻き出します。これを数回繰り返します。

 

注意する点は、舌ブラシで舌をゴシゴシ擦ってしまうと舌を傷つけてしまい、舌がヒリヒリしたり、味覚に悪影響を及ぼしてしまったりするため、あまり強く擦り過ぎないことです。
また使い終わった舌ブラシはよくあらって乾燥させましょう。

お口を保湿する!保湿剤

どんな道具なの?

唾液が少なく口腔内が乾燥していると口腔ケアをスムーズに行うことができません。
口腔用の保湿剤は、足りない唾液を補い、口腔乾燥状態を軽減させるためのスプレー、もしくはジェルタイプの保湿剤です。

用意するもの/使い方

必ず医療用のグローブを用意するようにしましょう。
ジェルタイプのものの場合、手の甲に1円玉大程度の保湿剤を出し、指に保湿剤を馴染ませるように薄く広げます。そして、乾燥している部分に優し〜く塗ります。

 

スプレータイプのものの場合、直接口腔内の乾燥している部分にスプレーできます。ただし、誤って誤嚥しないよう、高齢の方の場合は特に注意が必要です。

まとめ

目的別の口腔ケアグッズについてまとめてみました。

 

全てを実践するのは大変かもしれませんが、自分に必要で合っているかも…と思うものがあったら、是非すぐにでも揃えて実践してみてくださいね!

 

口の健康と身体の健康の関係について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もお読み下さい。